その男Glass-Jaw-Hopperグラス・ジョー・ホッパー

<   2013年 11月 ( 37 )   > この月の画像一覧




バイクVS車

やたらバイクと車じゃどっちが速いなんて聞いてくる息子・・・

バイク乗り始めの頃ってそんな事こだわる時期がある。

いずれにしろ痛いアホ父子の会話だ。

バイク贔屓の息子は俺に「そりゃバイクに決まっとる!」なんて答えを聞きたがっている。


c0083518_1812206.jpg

でも俺は車の方と答える。

バイク乗りとしては裏切り者的な答えにややガッカリモードの息子・・・・・

でも事実であろう・・・・・


そもそもボクサー対レスラー的な対決である。
同じ路上リングでの共存であるが両者は全く別世界ルールで生きている。

ウェイトも全然違う・・・その両者が相まみれてバトルするとしたらレスラーである車に軍配が上がるのは事実であろう。

コーナーでは勝てるでしょ?とそれでも食い下がる息子にそれも無理と却下する非情な俺・・・


だってそうだもん・・・・・


4つの車輪で踏ん張ってコーナーを曲がる車と違いバイクはサーカスの如き不安定だ。
直線でも圧倒的馬力の車には太刀打ちできない・・・・・


かつて優作は言った。
「俺がなんぼいい男でも草刈正雄にゃ敵わないんだよ」

俺は言う
「バイクがいくら速くとも本気の車にゃ敵わないんだよ」

c0083518_944511.jpg



だから無茶せずにバイクはバイクで安全に走れって事を教えたいってのが本音なのだ。

お前がこれから付き合って行くバイクは飛行機なんざ鼻で笑われる程この世で一番危険な乗り物なのである.
[PR]



by glass-jaw-hopper | 2013-11-30 23:17 | | Trackback | Comments(0)

憧れの車との再会

c0083518_15422042.jpg



小学生の頃俺は将来大人になったらワインレッドのスプリンターに乗って休日は海辺を走ろうと思っていた・・・・・・
c0083518_21241778.jpg

何故スプリンターだったのか・・・・・

普通に使える乗用車でスポーティ・・・つまり普通の車だけどスポーツカー気分にもなれる・・・・

子供らしくスポーツカーに憧れればいいものを・・・当時から中途半端な俺だった・・・
ワインレッドってのも真っ赤はちょっと恥ずかしいけど渋い赤なら大丈夫だろうって事だろう・・・・・


当時はかっこよく感じていた・・・・・
太陽にほえろ!でも覆面パトカーとして活躍していたしね。


スプリンターとかセリカとかが実にかっこよく感じていたのだ。


車はともあれ、仕事はロックスターか事務員のどちらかになりたかった・・・・・
ウクレレで牧伸二を弾きながら俺の夢は膨らんだ・・・・・・
このままカーネギーホールに進出するか、会社の忘年会の余興に留まるか・・・・・

とにかくどちらにしても大人になったらそのワインレッドのスプリンターに乗って8トラのテープでムード音楽を掛けながら夕暮れの海岸線を走りざる蕎麦を食おう・・・・・

俺の大人のイメージは七三の頭で黒いタートルネックのセーターを着てざる蕎麦を食っていた。

小腹が減ったら店にスッと入ってざる蕎麦をササッと粋に食うのが何かかっこいい大人像だったのだ俺的には・・・・・・
そんな大人の日曜日を過ごすのだ・・・・・

もう大人なんだから日曜日だってサザエさんなんか見に戻らない・・・・・

海岸線を走るのだ・・・・・・・夕暮れの海辺を堪能しながらね・・・・・・




そしてウン十年後・・・・・・

c0083518_2130597.jpg


スプリンターはHONDAのオートバイ・・・・・・

スプリンターでざる蕎麦食いに走る夢は叶わなかった・・・・・
オートバイでざる蕎麦食いに走っていた・・・・・・・
c0083518_21515324.jpg


俺の誤算・・・スプリンターと言う車種も、とうに生産中止になっていた・・・・・・・

もう一つの俺の誤算・・・


サザエさんはまだやっていた・・・・・・・
[PR]



by glass-jaw-hopper | 2013-11-30 00:42 | | Trackback | Comments(0)

女力・・・・・

c0083518_1995658.jpg


朝の通勤が寒い季節になった。

もう冬へのカウントダウンである。
c0083518_1545754.jpg

c0083518_155746.jpg


一時期に比べ減って入るがまだいる真冬なのにミニスカブーツの女の子・・・・・・
c0083518_19575178.jpg

何でこの寒空の下でそんな足露出出来るのかわからない・・・・・

女子は強いなぁ〜・・・
[PR]



by glass-jaw-hopper | 2013-11-29 00:12 | | Trackback | Comments(0)

倒れた

風邪でダウン・・・・・・・

丸二日寝ている。
[PR]



by glass-jaw-hopper | 2013-11-28 13:58 | | Trackback | Comments(0)

秋の交通安全週間

地元の名門高校

私立黒柳高等学校鉄工科

通称「黒柳鉄高」である。


c0083518_20272326.jpg


何故かこの学校の半径500メートル以内の家は皆引っ越してしまうのだ。


この学校はツーリングクラブが多数存在する。

c0083518_9564461.jpg

実に楽しそうな高校だ。










俺の地元の街に有名な学校があった。

そんじょそこらのたちの悪い男子校より悪名高い私立女子校で周りからは「アパッチ」だの「アマゾネス」なんて呼ばれていたのだ。

当時の入学試験は九九が出来て自分の名前が書ければ合格とも言われていた。

学校の周りの店は万引きなんか日常茶飯事なので常に警戒態勢・・・飲食店は軒並み先払い勘定システムになっていたよ。

恐喝、かつ揚げ、喧嘩リンチは普通に行われて異常に補導率は高く、でも何故か退学率は非常に低い・・・・・

c0083518_1419459.jpg


不純異性交遊(凄い名前だなぁ〜)も盛んで校門前には下校時迎えの男の趣味の悪い車が並んでいた・・・
ヘンチクリンな車高の低い改造車はそのままアマゾネスをピックアップしてすぐそばに広大な範囲を占めるホテル街に消えるのだ・・・・

そのピックアップされる様は「ふ化」して砂浜に顔を出し海に向かうウミガメの子らを待ち構え海に着く前にさらっていくカモメやカニのようだった。

基本三無い運動の御時世でバイク通学禁止に関わらずアマゾネス学院前には派手な装飾を施したゲンチャスクーターが列をなして停まっていたりした。
カッティングシートで作った文字や英文字ステッカーの綴りが間違っている事なんてザラで多分書きたかった「MATCH LOVE」が「MATI  LOVE」になっていたり結構気合い入れて作ったであろうファンシーワールドの最後の「mikihouse」が「mikihause」と微妙に間違えていたりして皆で「惜しいぃ〜!」と突っ込んだりした。

中高生ら男子はアマゾネス学園の前を通ると中に引きずり込まれてアマゾネスの女らに姦されるなんて噂も立っていた。
いたいけな男子はアマゾネス学院内で監禁され昼夜問わず取っ替え引っ替え代わる代わる飽きられるまでやられるなんて、宇宙人にさらわれたが如く言われて実際何組の誰それが捕まっているなんて話もまことしめやかに語られていたのだ。

好んでそんな話をしていた林君は仲間の溜まり場になっていた長谷川君の家で長谷川君の部屋の隣のアマゾネス学院のお姉さんの部屋にしょっちゅう忍び込んでいるうちにお姉さんのお腹を大きくした。
最初は部屋が汚くだらしないお姉さんの脱ぎっぱなしのパンツなんかを留守を狙ってハイエナみたいに漁っていたが、いつの間にか果敢にも生息する部屋の主の雌ライオンに挑んだらしい。

お腹の大きなお姉さんは卒業し林君が18になった時同時に林さんになった。

必ずしもさらわれて監禁されるだけではなく自ら飛び込む場合もあるようだ・・・
ウツボカズラの蝿と林君は言われ麻雀の時わざと「親誰だっけ?親誰だっけ?」と林君に聞こえるように言うのが流行った。
「親俺だよ!」と返す林君はちょっと照れ臭そうだったっけ・・・


そう言えば異様に初体験の相手はアマゾネスさんってのが多かったなぁ〜


最近は男子校、女子校って形態が無くなりつつあり、男女共学のシステムに移行しつつあると聞く。
ご多分に漏れず「アマゾネス学院」も共学になったらしい・・・・・

そんな恐ろしい学校に入学希望者がいるのか?








それが凄い人気らしい・・・・・





昔から何故か市内近隣県内から小金持ちの家の美女子女が集まってくる傾向が多く、実は芸能人も隠してはいるがこの学校出身者が多いのだった・・・・・

でっかい金持ちの家の妙に綺麗なお姉さんもアマゾネスだったっけ・・・
何故か休日家の前でTシャツ水着で親父の車洗車していたよ・・・・・

それを嬉しそうに何度も前通って見ている中坊ら・・・
その中の何人かはアマゾネスの洗礼を受けたのかも知れない・・・・・
[PR]



by glass-jaw-hopper | 2013-11-26 00:27 | | Trackback | Comments(0)

亀田を捨てて

島田紳介、ホリエモン・・・・・・

持ち上げられて落とされた人々・・・・

この人達が何が悪かったのか明確に説明出来る人は少ないだろう。
仲間引き連れて出版社襲撃したビートたけしのわかりやすい暴力に比べ何やら暴力団と繋がりがあっただの、何とか法に引っ掛かっただの、疑惑の判定勝ちだのとイマイチ明確ではない。

ただ言えるのは活躍中目立ち過ぎたのだ。
「時の人」になって世間を騒がせた。
それはあまりに目立ったので潰された。

みのもんたもあれだけ持ち上げていたのに今じゃ亀田の「か」の字も言わなくなった。
c0083518_15172090.jpg

つくづく変わり身の早い人々である。

散々褒めちぎっていたのに世間の批評を見てあっさり亀田を捨てた。



そして今度は自分が捨てられた。

c0083518_2036345.jpg

自分の非ではないのに気の毒ではある。
[PR]



by glass-jaw-hopper | 2013-11-26 00:15 | | Trackback | Comments(0)

Driveドライブを考える

c0083518_8502232.jpg


めっきり寒い・・・・・

平たく言えばめっちゃ寒い・・・

コギャル風に言えばチョ〜サムゥ〜・・・・・言わねぇ〜って・・・



俺は基本的に寒いのが苦手なのだ。
かと言って暑いのも苦手なので困っている・・・・・

秋口の涼しい時期は潰瘍が痛み春先は花粉症で苦しむ・・・・・


つまりは春夏秋冬全部ダメな男である。

こんな男なのによくぞストレートに外気に晒されるバイクなんか乗ってられるものだ・・・我ながら感心する。

これからの季節はやはりバイクより車でのお出掛けが多くなるだろう・・・・・



買い物、子供の送り迎え、ビデオ屋の返却・・・
考えてみれば車って完全に「生活の道具」になりきってないかい??


そう言えば昔々は「ドライブ」なんて言葉があった。

道端には「ドライブイン」なんてのもあった。

c0083518_1214832.jpg



そう、純然たる趣味レジャーとして「ドライブ」ってのがあり燦然と輝いていたのだ。



しかし今「ドライブ」って感覚は無くなりつつある。

若者が車を買わない時代、車はレジャーの目的地に移動するだけの道具になった。
運転する喜びよりも豪華装備で移動中の快適さ安楽さが重要になったのだ。


今子供らに「ドライブに行こう。」なんて誘っても「?」だろう・・・

車乗るだけ?って顔されるに違いない。



ドライブ
(drive)
自動車を運転すること。
転じて、自動車の遠乗り。


あの頼もしいwikipediaでさえこれしか記されていない・・・・・
正直サジを投げた感があるのは否めない・・・




ドライブ・・・


ここはどうだろう・・・・・

古式ゆかしいあの嬉し恥ずかしのドライブを復活させようではないか・・・・・

車を所有し車を運転し操る楽しさを感じたい。
これは自動車産業がもう一度復活する要員でもあり強いては日本の経済復活にも繋がるに違いないのだ・・・・・

c0083518_10232334.jpg

c0083518_10241684.jpg

c0083518_10234155.jpg

c0083518_10261511.jpg

あくまでもここで言う「ドライブ」とは日帰りのドライブとしたい・・・
自動車旅行との差別化を図りたいのだ。
一泊の温泉不倫旅行はあくまでも「旅」と区分けしたい。
c0083518_0385061.jpg
c0083518_18582559.jpg

c0083518_1357432.jpg

c0083518_13575596.jpg

c0083518_13581077.jpg




c0083518_1026619.jpg


ドライブがまだレジャーの王道として君臨していた頃の記録である。

c0083518_10254525.jpg

c0083518_1825042.jpg


c0083518_1025048.jpg

c0083518_1024361.jpg

c0083518_10235920.jpg


古今東西民族を選ばず「ドライブ」を楽しむ人々がいたのだ。

c0083518_10262471.jpg

c0083518_1023107.jpg

c0083518_10224398.jpg

c0083518_10223058.jpg

c0083518_10221565.jpg

c0083518_1022161.jpg


どれだけの男女がこの「ドライブ」を介してカップルとなり夫婦となり子孫を作ったのか・・・

c0083518_10213980.jpg

c0083518_10212943.jpg




c0083518_1021101.jpg


この車には思い入れがある。

c0083518_10201310.jpg


そう、旧ルパン三世でルパンと不二子がこの不二子のトライアンフでドライブするのだ。

ダークブルーのミニクーパーに乗り換える前の不二子ちゃんの愛車なのだ。
ミニにトライアンフにバイクもトライアンフの不二子ちゃんは英国車党と言える。

c0083518_22264136.jpg


しかしこの子供アニメにあるまじきトライアンフの見事なアングルとパースをかけた描き方はどうだろう・・・・・
素晴らしい・・・・
旧ルパンはそのアンニュイなフランス映画みたいな時間の流れるシーンを贅沢に割ったりして明らかにその他アニメとは一線を画していた。

すり込まれたのか今でもこのストライプラインのデザインが好きだ。
c0083518_12594275.jpg



ルパンの「さすがトライアンフ・・・コーナーリングがいいぜ~」なんてセリフもあった。


その後スーパーカーブームの時の「サーキットの狼」に先駆けて既に「コーナーリング」なんてワードを使っていたのだ。


c0083518_1364733.jpg



しかし数年後登場した「サーキットの狼」のコーナリングの魔術師ロータスヨーロッパはまったくあの不二子のトライアンフのカラーパターンだった。


c0083518_97414.jpg



それはともかくいい女とドライブ・・・大人の世界・・・・

そしてこのトライアンフ・・・
俺も大人になったら乗りたいと思ったのだ。

c0083518_124714100.jpg


それからどんどん現実的になってワインレッドのスプリンターでドライブでざる蕎麦食いに走りたいってのが夢になったけどね・・・・・・

そのワインレッドのスプリンターに乗って休日は海辺を走ろうと思っていた・・・・・・


c0083518_0123221.jpg


何故スプリンターだったのか・・・・・

普通に使える乗用車でスポーティ・・・つまり普通の車だけどスポーツカー気分にもなれる・・・・

子供らしくスポーツカーに憧れればいいものを・・・当時から中途半端な俺だった・・・
ワインレッドってのも真っ赤はちょっと恥ずかしいけど渋い赤なら大丈夫だろうって事だろう・・・・・


当時はかっこよく感じていた・・・・・
太陽にほえろ!でも覆面パトカーとして活躍していたしね。


スプリンターとかセリカとかが実にかっこよく感じていたのだ。


車はともあれ、仕事はロックスターか事務員のどちらかになりたかった・・・・・
ウクレレで牧伸二を弾きながら俺の夢は膨らんだ・・・・・・
このままカーネギーホールに進出するか、会社の忘年会の余興に留まるか・・・・・

とにかくどちらにしても大人になったらそのワインレッドのスプリンターに乗って8トラのテープでムード音楽を掛けながら夕暮れの海岸線を走りざる蕎麦を食おう・・・・・

俺の大人のイメージは七三の頭で黒いタートルネックのセーターを着てざる蕎麦を食っていた。

小腹が減ったら店にスッと入ってざる蕎麦をササッと粋に食うのが何かかっこいい大人像だったのだ俺的には・・・・・・
そんな大人の日曜日を過ごすのだ・・・・・

もう大人なんだから日曜日だってサザエさんなんか見に戻らない・・・・・

海岸線を走るのだ・・・・・・・夕暮れの海辺を堪能しながらね・・・・・・




そしてウン十年後・・・・・・


スプリンターはHONDAのオートバイ・・・・・・

スプリンターでざる蕎麦食いに走る夢は叶わなかった・・・・・
オートバイでざる蕎麦食いに走っていた・・・・・・・



俺の誤算・・・スプリンターと言う車種も、とうに生産中止になっていた・・・・・・・

もう一つの俺の誤算・・・


サザエさんはまだやっていた・・・・・・・




トライアンフシリーズはほぼ全てのモデルに乗った・・・・・

嘘・・・・・・全部プラモデルを作った。

色違いで同じ車種何個も作ったよ・・・・・・

c0083518_12562977.jpg

c0083518_95343.jpg

c0083518_9531515.jpg

c0083518_9532913.jpg


やっぱトライアンフ系はいいねぇ〜

余計なパワーも余計な装備も無さそうな分ピュアなドライブが楽しめそうだ。

c0083518_9534020.jpg


c0083518_1020026.jpg


c0083518_10192370.jpg

c0083518_10191276.jpg

c0083518_1019384.jpg


やっぱりいいなぁ〜MG系・・・・・

c0083518_1050357.jpg

c0083518_2231757.jpg


日本勢も負けちゃいない・・・・・

やっぱドライブってのは立派なレジャーだったのだ。


c0083518_10185411.jpg

c0083518_10184778.jpg

c0083518_10181678.jpg

c0083518_18592648.jpg

c0083518_18585385.jpg

c0083518_1904297.jpg

c0083518_1915038.jpg

c0083518_10175381.jpg

c0083518_10173315.jpg

c0083518_10171240.jpg



皆楽しそうだ・・・・・


c0083518_10501481.jpg

c0083518_10502671.jpg


c0083518_10215086.jpg

c0083518_10194634.jpg


まずは男も女もドライブに行くにはお洒落をせねばならないようだ。
c0083518_1043260.jpg

c0083518_10433567.jpg

c0083518_10435192.jpg

c0083518_1044895.jpg


お堅いイメージのドイツ車だってこんなドライブならばいい感じ・・・・・

c0083518_10193585.jpg

c0083518_12585293.jpg

c0083518_191303.jpg



オープンならばなおさらお洒落に決めなきゃね・・・・・

お手本はこんな感じだ。

c0083518_17144843.jpg

c0083518_1715046.jpg

c0083518_17151897.jpg


レザージャケットにハンチング、出来ればドライブ用のグラブなんてのを用意したい。
女性は絶対的にスカーフを付けなければならないようだ・・・・・


秋は薄手のコートもお洒落に着こなしていなくてはならない・・・・・

それに季節通して大振り大振りのサングラスなんかで決めなくてはならない・・・・・

どんな車であってもネクタイぐらいはしないといけないのだ。
c0083518_13221159.jpg


とにかくお洒落せねばならないのだドライブってのは・・・・・

c0083518_1313078.jpg

c0083518_1014392.jpg


c0083518_13311412.jpg

c0083518_1331367.jpg



ややカジュアルっぽくてもあくまで「正装感」がなければならない・・・・・
c0083518_13134930.jpg

c0083518_1314364.jpg

c0083518_1911780.jpg

つまりはラフな服装であってもそのままホットドックプレスやらポパイ等の雑誌に取材受け掲載されたとしても胸を張って「俺雑誌載っちゃったぁ〜」と言える服装でなきゃいけないようだ。
c0083518_10202865.jpg

c0083518_1318759.jpg

c0083518_10211956.jpg

c0083518_18504077.jpg


こうやって見渡してみると土地が広過ぎてそんなのにこだわっていられないってんでラフタイプのアメリカンスタイルはわかるが、意外やお洒落とファッションの国フランスが砕けているのがわかる。
聞いた通り「車は道具」と認識する国民性らしい。

c0083518_10255537.jpg

この当時からあまりに普段着な感じのアメリカ人・・・・・
砂埃舞う広い大陸をガンガン走るスタイルは彼らのライフワークだ。
チャーリーズエンジェルとかで綺麗でカッコイイ姉ちゃんらマッスルカーを駆って走る姿は魅力があった。
c0083518_10252090.jpg

c0083518_18541173.jpg

c0083518_185751100.jpg

c0083518_10414766.jpg

c0083518_1042631.jpg

c0083518_10422347.jpg

c0083518_10444865.jpg

着古したジャージや寝巻き兼用スウェットにジーンズで「ちょっとドンキホーテで特売品見てくる。」なんて言ってこっそりアダルトDVD返却に行っている場合ではないのだ。
それはもう「ドライブ」ではない。

c0083518_1901816.jpg

c0083518_9535595.jpg


c0083518_1925290.jpg

c0083518_193526.jpg

c0083518_1931818.jpg


あくまでもお洒落しなくてならない・・・・・

c0083518_9541069.jpg


c0083518_1016513.jpg

c0083518_1016337.jpg

c0083518_10161991.jpg

c0083518_1016448.jpg

c0083518_10155094.jpg

c0083518_10153797.jpg

c0083518_10152527.jpg

c0083518_10151496.jpg

c0083518_1015389.jpg

c0083518_10145098.jpg

c0083518_10143632.jpg

c0083518_10142722.jpg




c0083518_10135571.jpg

c0083518_1047767.jpg

c0083518_10471944.jpg

c0083518_10473277.jpg

c0083518_10474651.jpg

c0083518_1048092.jpg

c0083518_10481522.jpg

かっこいいぃ〜!いかすぅ〜!
青春ドラマのダークヒーローの乗りね・・・・・
c0083518_10484217.jpg


ミニバンドライブだってこんな感じ・・・・・
c0083518_10482482.jpg

c0083518_1049217.jpg


お手本にしたいぐらいのかっこよさ!
やってみたいシュチュエーションだ・・・・・
c0083518_10493845.jpg

c0083518_10495078.jpg



そして海辺やらよくわからん湿地帯なんか行って「うぁ〜空気が美味しい〜」なんて両手を広げて吸い込まねばならない・・・・・

海辺の波打ち際で波と戯れながら「あれあっちにヨットハーバーがあるよ行ってみようよ。」なんて言わねばならないのだ絶対・・・・・


そしてハーバーのそばにある小洒落たシーフードレストランで寒いのにオープンカフェでわけのわからんマリネやらシーフードパスタなんかをつつく・・・・・

湿地帯に行った場合は山荘みたいなやはり小洒落たレストランでエスプリの利いたジョークでウフフと含み笑いしつつ鴨料理なんかをつつくのだ。
c0083518_13171920.jpg

c0083518_13174760.jpg


これぞ王道のドライブである・・・・・
c0083518_13182346.jpg

c0083518_13191046.jpg

c0083518_13193891.jpg

c0083518_13195947.jpg

さぁお洒落に決めてレッツドライブ!
・・・・・言わねぇ〜って・・・

c0083518_1973226.jpg

c0083518_13205158.jpg

c0083518_19214250.jpg

[PR]



by glass-jaw-hopper | 2013-11-25 23:51 | | Trackback | Comments(0)

ジェネレーションギャップ?

娘に関してはわからない事が多く怒られてばかりいる俺・・・

だけど男の子息子の事はわかりやすい。


だから息子には威張っている俺・・・・

バイク、車、銃器、格闘技、アクション映画、音楽・・・大抵男の好みってのは似ているのだ。

男の好きなモノは実に単純明快である。
c0083518_1731811.jpg

c0083518_1540532.jpg



俺が少年時代好きだったモノは大抵息子も好きである。



でもジェネレーションギャップを感じる事が多々ある。



まずロック、革ジャン、ジーパンの地位が著しく低下している事だ。

いつの間にかロックは反逆の歌から愛の歌に変わり地酒のようなコッテリした歌詞のJ-POPに地位を譲り渡した。

俺が譲り渡した革ジャンやフライトジャケットはまず着ない・・・・・
今は何だかフワッとしたダウンジャケットが主流でカチッとした輪郭のジャンパーは着ないらしい。

俺のコレクションも埃を被って廃棄待ちの状態である。
c0083518_1419971.jpg

c0083518_16501190.jpg

[PR]



by glass-jaw-hopper | 2013-11-25 14:14 | | Trackback | Comments(0)

ジョンは死んだ。ポールは生きている。

ポールマッカートニーが来日していた。

生きる伝説・・・ポール・・・・

ジョンが死んで久しいのにポールは元気だ。
c0083518_1203590.jpg

生のビートルズが聴けるなんて凄い事だよ。
c0083518_121020.jpg



今更ながら1962~1966のビートルズは素晴らしい・・・・・

c0083518_23593153.jpg
好きな曲は「All My Loving」かなぁ~

とにかく弾むベースラインが素晴らしい・・・・・
c0083518_23531973.jpg

「LOVE ME DO」なんていくら聴いてもボーカルコーラス以外ハーモニカとベース、ドラム、タンバリンしか聴こえない・・・・・あれ?ギターは?ってね・・・・・・




元気が欲しい時、朝の通勤時に聴いているのだが・・・・・

「All My Loving」に続いて入っている「I wanna hold your hand」なんだけど・・・・・



俺の音源だけかも知れないが、明らかに誰かが間違えて歌っているのだ・・・・・

ポールかジョンかどちらかだろうけど、いやもしかしたらジョージかも・・・・・
NOWの所を一人だけI wanna と入っちゃっているのだ・・・・・


昔のレコーディングだから大らかだったのかそのままレコードになっちゃっているのか知らん・・・・・
ライブ版ならわかるけどね~



Oh yeah, I'll tell you something
I think you'll understand
When I say that something
I wanna hold your hand
I wanna hold your hand, I wanna hold your hand

Oh, please say to me
And let me be your man
And please say to me
You'll let me hold your hand
Now let me hold your hand, I wanna hold your hand

c0083518_041732.jpg


俺のCDだけ?

持っている人ちょっと聴いて確かめて欲しいんだよなぁ~
[PR]



by glass-jaw-hopper | 2013-11-25 00:31 | | Trackback | Comments(0)

息子のバイク

10年前に女友達のオーストラリア人の旦那がバイク探していると聞いて仕事仲間のデザイナーさんが手放すと聞いて紹介し橋渡ししたバイクだ。

受け渡しはかみさんの実家前・・・当時小学生だった長男もその場に立ち会っていた。

そのバイクが今回免許取る息子の手元に戻って来る・・・・・もう随分乗っていないって事でただでもらった。

c0083518_850384.jpg

何だか縁が深いバイクなのだ。
デザイナーさんオーナー時には貸してもらって俺も乗ったしね・・・・・


c0083518_1115530.jpg

元々俺はこのバイクに乗りたくて免許を取りバイク乗りになった。
やはり縁があるバイクだ。

現物車両は更に奇麗になっている・・・・・しかも軽トラで届けてくれると言う・・・
まったく親切でいい人だ。

c0083518_1837148.jpg

しかし親父息子がバイク乗りの一家って・・・無法者アウトローみたいだよな〜
c0083518_2123102.jpg



ホンダ、ヤマハ、スズキ、カワサキ・・・世界一のバイクメーカーがあるこの国はバイク人口が激減していると聞く。
バイク屋は本当に困っているらしい。
今の若者は車バイクに金を掛けない。
そんな中ライダーを出す俺は功労者だよ・・・・・


c0083518_18442019.jpg


そしてことらは中学時代の友人・・・今は結婚して東北に住んでいる元ニンジャ乗りだったヤツの現在の愛車である。
c0083518_8501241.jpg



すっかり安楽なスクーター乗りに変貌していた。





ニンジャからスクーター・・・震災も経験し何か変わったようだ。
[PR]



by glass-jaw-hopper | 2013-11-25 00:26 | | Trackback | Comments(2)

ガラスの顎のリスクでジャンプし続けるバッタ
by glass-jaw-hopper
プロフィールを見る
画像一覧

最新のコメント

龍馬が桂に書いた手紙に高..
by グラバー at 18:17
oninbe707さん、..
by glass-jaw-hopper at 12:03
大学の同期です。いっしょ..
by oninbe707 at 08:38
sararaMさん、一緒..
by glass-jaw-hopper at 12:03
ご卒業、おめでとうござい..
by sararaM at 16:17
安部許さない
by 高崎より at 13:01
安部許せない。
by 久留米より at 11:02
安部許さない。
by 唐津より at 13:36
安部許さない。
by 三ヶ日より at 11:42
安部許せじ
by 辻堂より at 09:03
北朝鮮に行け。
by 原宿より at 23:49
安部許さない。
by 本八幡より at 17:30
安部許さない。
by 尾道より at 15:53
安部許さない
by 留萌より at 14:40
支持してませんので単に政..
by glass-jaw-hopper at 12:08
基本いろんな考えがありま..
by 行きがかり at 11:27
通りすがりのものです〜 ..
by 通りすがり at 00:19
ONIZUMAさん、そう..
by glass-jaw-hopper at 08:42
ONIZUMAさん、そち..
by glass-jaw-hopper at 08:39
こんばんは。 おめ..
by onizuma at 22:19

メモ帳

最新のトラックバック

【サライブステージ IN..
from 「料理と趣味の部屋」
Mazda Capell..
from 音楽とコーヒーと自転車の日々
福山雅治に栄冠
from 生活のキーワード
仮面ライダー1号から仮面..
from 仮面ライダーのすべて
桃井かおり
from とんぼ

ライフログ

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧