その男Glass-Jaw-Hopperグラス・ジョー・ホッパー

<   2013年 03月 ( 60 )   > この月の画像一覧




マックな日

c0083518_2336519.jpg


息子とバイク屋行ってバイク修理して夜は出掛けているかみさんと友達の家にお泊りに行っている娘以外の男だけでマックへ行った。

c0083518_23361115.jpg


息子らはハンバーガーが大好きである。
今の子はもはや生まれた時からハンバーガーがあって幼い頃からの馴染みの飯なんだろう・・・・・



いつの間にか日本はハンバーガーに乗っ取られた感があるな。


c0083518_23361827.jpg



生まれた時からハンバーガーもパソコンもある世代・・・・・
昭和生まれの俺とは何かが違うような気がしたよ。



男所帯のそんな休日夜であった。
[PR]



by Glass-Jaw-Hopper | 2013-03-31 23:41 | | Trackback | Comments(0)

春だねぇ〜すっかり・・・・・

c0083518_1872663.jpg


すっかり春でごじゃる・・・・・

c0083518_17524416.jpg


幸せの青い鳥もやって来た。
c0083518_049443.jpg

[PR]



by glass-jaw-hopper | 2013-03-29 00:50 | | Trackback | Comments(0)

甘党

甘いモノは苦手な俺・・・

そんな事言うと「酒飲み」に思われそうだが、実のところ酒飲みではない・・・


両刀遣いならぬ両刀遣わないなのだ。

「飲む買う打つ」一切無しの「良夫賢父」のつもりだけど時々「打つ」ならぬ「鬱」があったりするので「良夫賢父」にはなれそうにない。


「走る寝る鬱」・・・ダメだこりゃ・・・・


そんな甘いモノ苦手な俺だが何故か「エクレア」と「プリン」だけは好きなんよね〜


c0083518_1301730.jpg


実のところは甘いモノ、甘いロマンスが好きなのかも知れないけど、心の中に棲みついている「優作要素」が勝手にハードボイルドな美学を作り出して拒否反応しているのかも知れない・・・

そんな気がする今日この頃だ・・・・・

そろそろ糖尿とかにも気を付けないといけないお年・・・・・


甘い物は極力避けた方がいいかもな。


甘いもの・・・


ああそれとこのクリームソーダは好きだ。

c0083518_19413937.jpg


コーラとアイスがあればコーラフロートなるものを作ってみたりするけどやはりクリームソーダには敵わないよ。

c0083518_8545584.jpg



世の中エコブームである。
食べ物に関しても健康食、自然食ブームはまだまだ続きそうだ。

しかし・・・ただ一つだけ不健康であればあるほど美味しいモノがある。

クリームソーダ・・・大抵はメロンソーダ使用なのでグリーンのソーダに真っ白なアイスクリームそしていやらしいほど妖しく赤く潤っているチェリー・・・この色合いが派手であればあるほど、毒々しければ毒々しいほど美味しそうなのだ・・・
バチバチに人工着色料で彩られたそのビジュアルは現代アートオブジェに近い。
そのポップカルチャー的要素はアンディウォーホールが考案したデザートだと言われても信じそうだよ。

最初に食べたのは幼稚園時代だろうか?
幼少の頃住んでいたマンモス団地の市場の上にある安っぽい軽食喫茶店・・・
なぜかオトンと散歩中だかなんだかで安定感な薄く軽いテーブル向かい合わせに座って食った。
その店その他シュチュエーションはともかくその最初に食べたクリームソーダはカルチャーショックだった。
こんな美味しいモノがあるんだと幼児ながらこの先の自分の人生の友に出会った感動であった。
その後甘いモノを食わなくなった大人になってもエクレアとこのクリームソーダだけは食べる俺だった・・・

しかし今冷蔵庫の中のアイスクリームとサイダーで子供に作ってやる俺的クリームソーダは泡だらけになりイマイチ不評なのである。
コーラフロートさえ失敗するのでまったくその才能は無いようだ・・・・


クリームソーダ・・・ちゃんと調べたわけではないが多分アメリカで誕生したんだろう・・・
そのチープさ色彩もさながらだが、その合理的さもいかにもアメリカあたりのドラッグストアメニューだ。

アメリカは原色を使うのが実に上手だ・・・
その国旗星条旗からして色彩は派手である・・・・赤青白をハレーションギリギリの所まで上手く使う・・・・・
その手腕はラッキーストライク、コカコーラ、ペプシコーラやらアメリカを代表する商品パッケージ・ロゴにも生かせているのだ。

クリームソーダのその原色構成からは燦々と輝く太陽までイメージされていく・・
例え地下の場末のカフェで食べたとしても心は夏の真っ青な空の下のカリフォルニアまで飛んでいくようなのだった・・・・

ソーダに浮かぶアイスクリーム・・・
人はプカプカ浮いている様子に何故か幸せを感じるのかもしれない・・・・
c0083518_1545375.jpg

たかが広告の写真だが実に良い写真だ・・・・見ているだけで幸せな気分になってくる。
明らかにこの写真はパパ目線・・・・(広告写真だってば)
夏の午後・・・かわいい赤ん坊に美しく若い妻が微笑んでいる・・・・
今じゃ粗大ゴミ扱いのパパにもこんなに幸せなビジュアルが目の前に惜しげもなく展開されていた時期があったのだ・・・・
[PR]



by glass-jaw-hopper | 2013-03-27 23:49 | | Trackback | Comments(0)

地元イベントいっぱい

今日は近所の公民館で親子映画鑑賞会だ。


最近大きなスクリーンで映画見ていないので楽しみである。


c0083518_14173912.jpg



春先は地元イベントいっぱいで楽しいなぁ〜

c0083518_17591082.jpg

[PR]



by glass-jaw-hopper | 2013-03-27 23:17 | | Trackback | Comments(0)

ベスパと交換

c0083518_18475568.jpg


保険が切れるのでまた更新せねばならない愛車なんだけど・・・

2年の保険入れても2年持つのかこのバイク・・・・・

バイク屋スタッフもこりゃ限界ですよ〜と言う・・・

あまりのボロさにスタッフが集まって来る。
まるでクランケを囲む研修医である。
c0083518_1848549.jpg

でもかれこれ5年近く「限界」と言われながらも走っている。

ちょっとマニアックな車種なのでネットオークションに出せば貰い手はいそうではあるけどね・・・

これと交換しない〜なんて言われたベスパ・・・
程度は五分五分のようだけどね。
c0083518_2093476.jpg

[PR]



by glass-jaw-hopper | 2013-03-27 23:09 | | Trackback | Comments(2)

テレビレス

最近家でテレビの無い生活をしている。

使えるテレビは二台しかなくて俺の割当が無いってだけだけどね・・・


最初はテレビの無い生活が不安だった。

こちとら生まれた時からの生粋のテレビっ子なのだ。

幼い頃はケンちゃんシリーズと共に人生を歩んで来た。

だからテレビが無いって事の不安さは大きく麻薬患者が麻薬取られたかの如くであった。

そう言えばタバコやめた時と同じような不安さだ。
16からの相棒(←おいっ!)がアバヨっ!て次元大介のように振り返りもせずクールに去って行ってしまう不安さとでも言おうか・・・・・・
つまり完璧なる依存症である。


最初の頃は実に不安であった。
世間から取り残されているような不安さ・・・

19で上京して一人暮らしを始めた頃、初めて自分の下宿の部屋でジャーでご飯炊いてプチプチになった柔らかいご飯に「ほていの焼き鳥ビッグ缶」乗せて食いながら見たのは10センチ角のモノクロテレビでやっていた所ジョージのバラエティだった。

つまり俺の30年続いた東京生活はテレビから始まったのだ。

そんな相棒なくして俺の生活は成り立つのか?



c0083518_14362158.jpg





テレビレス生活が数日が過ぎて・・・・・









時間の経つのが遅い・・・・・とにかく遅いのだ。

普段ならああもう寝る時間だぁ〜って感覚の時間がまだ11時半だったりする・・・

あれ?何だか感覚が変だぞ?


テレビの番組構成によって見る側も時間を区切られ管理されていたのではなかろうか?

それも随分早いリズムで・・・・・

つまり人の生活リズムに合わせられていたのだ。

本来俺のリズムはもっとユックリだったのかも知れない・・・・・




テレビレス、タバコレス、セッ○スレス・・・全て若い頃はいつも一緒で依存していたヤツらである。

年を取りしっかりオッサンになるといろんな物を捨てて身軽になっていくようだ。
[PR]



by glass-jaw-hopper | 2013-03-27 00:48 | | Trackback | Comments(0)

人それぞれだけど

何だか急に注目されている財テク元棋士桐谷広人氏・・・

テレビ的にいじりやすいキャラクターなのでかなり好意的に描かれ紹介されている。


見ていると元気が出て来るとか・・・・・


メインタレントにも好物的な美味しいオモチャキャラなので煽る煽る・・・・・
c0083518_10231025.jpg


でも彼はただ単に都会の隅に住み、かつて財テクで貯めた金を投資し、その株主優待券を無駄無く消化している63歳の男に過ぎないのだ。

そのうち憧れるなんて輩が出てきそうだけど・・・子供には見習って欲しくない人だ。

もう既にうちの子は株生活に興味津々になってしまった。
[PR]



by glass-jaw-hopper | 2013-03-26 23:54 | | Trackback | Comments(0)

天才格闘家

佐山聡は天才だ。

俺の体育会系硬派大学の仲間の中で佐山聡に感化されてシューティングジムに通うヤツもいた。

高校時代の80年代はおなじみタイガーマスクとして大活躍していたっけ・・・

金曜8時はこの「新日プロレス中継」「3年B組金八先生」「太陽にほえろ!」が重なり激戦区であった。


そのごプロレスを去った佐山聡は頑なにプロレスを否定し拒否する姿勢を保つ・・・

優しい伊達直人(漫画タイガーマスクの正体)のお兄さんはいつの間にか過激で怖いおじさんに変貌して行った。


その後弟分前田日明もプロレスを去り自分の理想を掲げた格闘技を模索し作り出そうともがく・・・・・




天才の佐山聡に鈍才の前田日明と藤原組長は言う。

どちらとも深く関わった藤原組長だから下せる比喩だろう。

どっぷりプロレス界に身を置くベテランプロレスラーから見ても佐山聡は天才なのであろう。



二人の師匠アントニオ猪木・・・・・

二人とも猪木を否定し袂を分つ・・・・・それは同時に従来のプロレスを捨てた事だ。




でも今のところ二人は猪木を越えていない。

それはやはり猪木が作り出した「新日本プロレス」がガッチリ生きているからだ。












名試合だ・・・・・



ファン待望の夢の対決が実現したのだ・・・・・


話題性だけではない・・・・・


スピードもパワーも技も申し分ない試合であった・・・・・


歴史に残る試合となったこの試合・・・・・・




きっとファンの間で語り継がれる試合になるに違いない・・・・・



でも・・・・・



しかし・・・・・・



この試合に決着がついた時、観客は戸惑った・・・・・




この試合の最大の欠点は・・・・・



どっちが勝ったかわからないぃ~!
c0083518_3111023.jpg

企画段階で誰か気付かなかったのだろうか?
[PR]



by glass-jaw-hopper | 2013-03-26 23:32 | | Trackback | Comments(0)

ぶぅたれ小僧

息子と一緒に朝通勤した。
水道橋の講道館で試合があるのだ。
だから今日明日は俺のバイクの後ろに乗せて駅まで行ってそのまま一緒に都心まで通うのはいいけど、この息子がぶぅたれ小僧でうるさい・・・・・

やれ会場が遠いだの、朝早いだの電車賃が高いだの・・・・・

始終毒づいて文句垂れなのだ。

何か皮肉屋を気取っているきらいも見受けられる。


c0083518_8522680.png


息子よ・・・・・

間違えるなよ・・・・・





皮肉屋はクールかも知れないけど、嫌味屋はかっこわるいんだぜ・・・


男はタフでなければ生きていけない、優しくなければ生きていく資格はない・・・
c0083518_193525100.jpg



俺は朝飯抜きで寒い中お前乗せて駅まで行って通勤、お前はかみさんが起きてくれて朝飯作ってくれて弁当まで作ってもらっているのに文句垂れるな!

って・・・俺も文句垂れか?
[PR]



by glass-jaw-hopper | 2013-03-26 08:23 | | Trackback | Comments(0)

おバカさん

二十代後半は海外勤務から帰国して銀座のプロダクションで働いてた。

実際残業って観念が気薄の海外の会社からどっぷり終電まで残業が当たり前のプロダクション勤務で参っていた。

朝はゆるゆる10時から始まるのはいいがその後はエンドレス・・・

7時8時には皆で出前取って車座に座って晩飯を食う・・・・
ベテラン社員のおじさんが嬉しそうに冷蔵庫からビール出して皆に配り出す・・・・そして終電まで仕事した。

俺の一番嫌いなダラダラ時間である。
定時まで暇な社員は漫画なんか読んでいて残業時間から仕事し出す悪循環業務が台頭していた。

だらしない俺だけど常に腕時計をして時間を刻んで守らねば気が済まない。

決めた時間は死守するゴルゴ並みに・・・・・

だから出前取って皆で晩飯ってのを拒否して詰めて働いた。

そしたらかなり社内で浮いてしまった。

だって早く帰りたいじゃん・・・さっさと仕事は済ませてさぁ〜

仕事明けにデートだってしたいし、友人と飲みたいし、映画だって見たいよ・・・・・

朝誰よりも早く出社してキッチリ定時まで働き、必要な分残業しトットと帰る・・・これが俺のスタイルになった。

でもやっぱり俺は浮いた。





もう一つ俺にダメージを与える事が増えた。

クライアントである銀座に居を構える大手代理店の担当者が代わった。

それまで気の合った若手の担当者から同じ若手でも妙な熱血漢に代わってしまった。

この熱血漢がとんでもない曲者で自分に絶対の自信があるヤツなのだ。

何かのもめ事・・・例えばスケジュールで締め日がお互い違った事を言い合うと「メモにそう書いてある」と自分のメモ帳を出してホレどうだ?と言って来るのだ。

何度もそんなシーンがあった。

けど、そんな自分で書いたメモに何の効力も無い事にそいつは気付いていなかった。
そんな物どんな風にも都合良く書けるし何の証拠にもならないのだ。

結局そいつのそのメモの揉め事にも疲れて銀座勤めもまとめて辞めてしまった。


いまでも時々「自分は絶対」って人に出会う・・・・・

その危うい立場をわからず揺らがない自信を持つ強さって何だろう?と思うのだ。









バイク乗りだった先輩は当時ドカッティに400万掛けていた。
何でも随分珍しい旧型ドカッティでサーキットに持ち込んでは旧車のカテゴリーレースにも参戦・・・・・

その旧車界では雑誌等でも紹介されて有名人・・・・・

ある日そのドカッティで街を流していた時、横に並んだおじさんライダーが脇にあった交番に何か言ったらしい。

先輩は交番の警官に呼ばれて違法改造車か?と聞かれたらしい・・・・・

もちろん違法改造車ではない・・・・・確かに旧い旧車の外国車・・・・・見慣れないバイクではある。


先輩は警官に説明した後、そのおじさんに何でそんな事言うのか?どういうつもりなのか?聞こうとしたが既にどこかに行ってしまった後だったらしい・・・・・・


しかし・・・何故だろう?
何故そんな人がいるのだろう・・・・・


物事を自分の尺度で計り、その枠外だと違法だと判断する人らって・・・・・

その自信はどこから出てくるのだろう?




もう10年近く前・・・・・


帰りの電車で駅で降りて改札から出ようとした時に駅員に止められた。

駅員の脇には見知らぬラフな恰好のおじさんがくっついている。


どうも先に回って駅員と俺が出てくるのを待っていたらしい。


駅員が事務所まで来てくれと言う・・・・・


何だ?



意味不明で事務所に同行する・・・・・・


何だろう?キセル?不正乗車?まったく身に覚えがない?

それのこの「してやったり」的に付いてくるおじさんは誰?何?



事務所に着くとカウンター越しに駅員が鞄を調べさせてもらっていいかと聞いてくる・・・・・

おじさんは俺が逃げるのを防いでいるつもりか俺の背後に回りドアにもたれ掛かっている。



何だ???


よくわからないが了解する・・・・・


駅員が鞄を開く・・・


さっきのおじさんが「それそれ!」と脇から指差す・・・・・




駅員が俺の鞄から折り畳み傘を引き出した・・・・・・



「これですか?」と困惑気味の駅員・・・・・



「・・・・・・・・・・」おじさんは無言だ。



何?何なの?


何の変哲もない古ぼけた折り畳み傘・・・・随分前に・・・いやいつ買ったのかのかも忘れてしまった傘だが、ふいの雨に備えて鞄の中に常備していた・・・・・


これが何???

違法なの?傘に車内持込禁止なんてあるの?



おじさんは「もういいよ!ふざけんな!」と怒りながら捨て台詞を吐き事務所のドアを一蹴りして去って行った・・・・・


何?何なの?何怒っているの?

まったく意味がわからない・・・・・




わけがわからない・・・・・・俺はいい加減駅員に説明を求めた・・・・
こっちだって仕事帰り、疲れている所にわけのわからん尋問まがいの事されて罵声まで浴びせられて・・・・・・

この傘が何の問題なのか?


濡れた傘で水が掛かった?

でも随分雨も降らなかったので完全にカピカピに乾いている・・・・・

もし水が掛かったとしても事務所に連れて行かれる程の事だろうか?



ますます訳がわからない俺に駅員の説明はあまりに意外な事だった。



駅員はさっきのおじさんが俺が電車内で盗撮していたと言ってきたらしい。

当時はまだ「盗撮」なんて言葉すら浸透していないし認知もされず田代もまだテレビでバリバリにはしゃいでいた・・・・・

そのちょっと前まで一般書店でも堂々と隠し撮りマニュアルみたいな本も出ていたりして実にあやふやな時代だった。



そのおじさんは車内で俺の鞄の蓋の隙間から覗いている古い折り畳み傘の黒い柄をカメラのレンズと勘違いしたのだ。


それを見つけたおじさんは俺が駅から降りると自分も咄嗟に降りてご丁寧に先回りし駅員をつかまえ事情を話し、けしからん破廉恥野郎に厳重注意せよと俺が改札に来るまで待っていたらしい。


そして俺を見つけると駅員に「コイツ!コイツ!」と言っていたのだ。



どうしたら傘の柄とレンズを間違えるのかわからない・・・・・
どう見ても傘の取っ手だ・・・・・
あまりに意外で心外で唖然とする俺・・・・・




そのベテランらしき駅員が一言でも言い訳言ったら俺は許さなかったろう・・・・・

でも平謝りで謝ったので、俺もその駅員も同じくその訳のわからないおじさんの犠牲者で振り回されただけとわかったのから何もその駅員を責めずに事務所を後にした・・・・・・


まったく疲れる話だ・・・・・





もちろんそのおじさんは既に電車で立ち去った後らしく影も形も無かった。





c0083518_11263380.jpg



世の中変なヤツがいるもんだよ・・・
[PR]



by glass-jaw-hopper | 2013-03-25 23:31 | | Trackback | Comments(0)

ガラスの顎のリスクでジャンプし続けるバッタ
by glass-jaw-hopper
プロフィールを見る
画像一覧

最新のコメント

龍馬が桂に書いた手紙に高..
by グラバー at 18:17
oninbe707さん、..
by glass-jaw-hopper at 12:03
大学の同期です。いっしょ..
by oninbe707 at 08:38
sararaMさん、一緒..
by glass-jaw-hopper at 12:03
ご卒業、おめでとうござい..
by sararaM at 16:17
安部許さない
by 高崎より at 13:01
安部許せない。
by 久留米より at 11:02
安部許さない。
by 唐津より at 13:36
安部許さない。
by 三ヶ日より at 11:42
安部許せじ
by 辻堂より at 09:03
北朝鮮に行け。
by 原宿より at 23:49
安部許さない。
by 本八幡より at 17:30
安部許さない。
by 尾道より at 15:53
安部許さない
by 留萌より at 14:40
支持してませんので単に政..
by glass-jaw-hopper at 12:08
基本いろんな考えがありま..
by 行きがかり at 11:27
通りすがりのものです〜 ..
by 通りすがり at 00:19
ONIZUMAさん、そう..
by glass-jaw-hopper at 08:42
ONIZUMAさん、そち..
by glass-jaw-hopper at 08:39
こんばんは。 おめ..
by onizuma at 22:19

メモ帳

最新のトラックバック

【サライブステージ IN..
from 「料理と趣味の部屋」
Mazda Capell..
from 音楽とコーヒーと自転車の日々
福山雅治に栄冠
from 生活のキーワード
仮面ライダー1号から仮面..
from 仮面ライダーのすべて
桃井かおり
from とんぼ

ライフログ

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧