その男Glass-Jaw-Hopperグラス・ジョー・ホッパー

<   2012年 04月 ( 63 )   > この月の画像一覧




S&W M29

1971年公開の大ヒットクライムサスペンス映画『ダーティハリー』の劇中でクリント・イーストウッド演じる主人公ハリー・キャラハン刑事が使用する世界最強の拳銃弾(公開当時)として登場したことにより、一躍有名になった。
それ以後、映画や漫画に登場する機会も多い。
本来はアメリカでシカなどの中型獣をハンドガン・ハンティングしたり、ライフル・ハンターのサイドアーム等の目的で開発されたという経緯があり、クマを倒せる最低限の威力を持つ弾薬としてデザインされた。
グリズリー生息地域での護身用がわかりやすい例と言える。

熊を倒せる威力と持ち運びの容易な軽量さを兼ね備え、しかも発砲する機会は滅多に無いため、多少の扱い難さや反動の大きさは問題にならない。

c0083518_151064.jpg


じゃあ・・・・・

ライフルなんて必要ないじゃん~!








チョロチョロ出てくるゴキブリに食器用洗剤を掛けると即効で死ぬ・・・・・・


殺虫剤も効かないのに・・・・・



じゃあ・・・・・

殺虫剤なんて必要ないじゃん~!
[PR]



by glass-jaw-hopper | 2012-04-30 23:51 | | Trackback | Comments(0)

立ち去れ亡霊ども

懐メロリクエスト番組で出てくる度に不快指数上昇だ。


ちょっと上から目線で歌う様も不快である。

君らは何故ずっとしょぼい歌を嬉々として歌い続ける?
c0083518_19111175.jpg


どんどんジャンルを越えて曲供給した拓郎、時代と共に節操無くどんどん新しい形態の歌を作る陽水・・・・・
若者の恋愛から親父達への応援歌に回った英五・・・・・
ややジャンルが違うけど過去を即座に切り捨てながら常に前進する矢沢・・・・・・


そう、いつまでも過去の栄光にしがみ付いている姿は見苦しいのだ。

大事にしている歌ならばあえて封印して先に進もう・・・・・フォーク界の亡霊どもよ・・・・・
[PR]



by glass-jaw-hopper | 2012-04-30 19:20 | | Trackback | Comments(0)

女の運転

妻の運転は粗い・・・・・

結構あちこちぶつけて車は傷だらけなのだが、今回はボゴッと凹ませた。

c0083518_1575012.jpg


どこかのポールにぶつけたらしいけどケロッとしている。

駐車場で自分で見付けた時はてっきり当て逃げされたかと思ったが妻に聞くと昨日銀行の駐車場でぶつけたらしい。

まったく悪びれる事無く言う・・・・・



俺は旧い車が好きであるのだが、その根底にあるのは「愛情」なのだ。

つまり使い込んだ鍋や包丁のように古い道具でも手入れして良い感じでやれているのが理想である。


このニュアンスがまったく妻には通じない。


この車も買って三ヶ月目のピカピカの新車の時にボンネットを駐車場のアームにぶつけて凹ませたのも妻だった。



しかし世の中何故か無駄なポールとかアームとか柱とか何でこうも多いのだろうか?

まるで車を凹ます為だけに存在しているようなのが多い。

近所のコンビニの駐車場にはポツンと一本電柱状の柱が立っていて貼紙に「バックに気を付けてください。」なんて貼ってある。

その告知だけが役目の柱は車がぶつけた跡だらけである。

そんな電柱があるがためにぶつけているのに・・・・・・本末転倒である。


ここら住宅街のベッドタウンは奥様族のドライバーが多くて結構まだ新しげな車のフェンダーがベコッと凹んでいる車が多い。

まだ新しげなのが痛々しい・・・・・


ベコッと凹んでタイヤがむき出しのF1になっちゃった我が家の車・・・・・

長男誕生の際に買った新車ももう17年車の太古車となってしまったけどまだまだ走る。



無理やりグッと手を入れて引っ張り出してタイヤ剥き出し状態だけは直した。

こんな俺の努力も妻は冷ややかにせせら笑うだろう・・・・・・


c0083518_1516217.jpg



毎回乗り降りする度に目に入る凹み箇所の位置・・・・・


目に入る度ナーバスだなぁ~・・・・・



何か程度の良い中古車でも探そうかなぁ~

今度はミニバンはやめてステーションワゴンがいいなぁ・・・・・
[PR]



by glass-jaw-hopper | 2012-04-30 15:08 | | Trackback | Comments(0)

テニスとバイクと腰痛

c0083518_20222175.jpg

息子のテニス部の試合の観戦に行く・・・・・

会場の学校は市の端っこの学校・・・・・

ちょっとしたツーリング気分だ。

天気は上々良い気分・・・・・・


c0083518_20251257.jpg


試合はすぐ終わって(^^i)

息子を乗せて帰る・・・・・

c0083518_20253045.jpg


帰りに俺と妻の出身大学に寄って息子に見せた。


ここでパパとママが会わなけりゃお前は生まれてなかったんだぞ~と言うと複雑な顔していた。



帰り道に自宅のガレージでワーゲンビートルの後ろを開けてメンテしている夫婦がいた。

何か俺の理想の絵だなぁ~そのシーン・・・・・


良い天気の昼下がり自宅でビンテージカーいじり・・・・・いいなぁ~



c0083518_20254669.jpg


帰りに遭遇したマスタングコンバーチブル・・・・・

今日は良い天気でいろんな車が出ているようだ。



この次期は何故か毎年腰痛になる俺・・・・・

なまった身体でバイク乗っちゃうからだろうね・・・・・・
[PR]



by glass-jaw-hopper | 2012-04-29 20:22 | | Trackback | Comments(0)

新説、巌流島

初夏になり、雨季が近付いてきた。


不思議に思う事がある。

江戸時代、武士が刀を腰に下げていた時代・・・・・

落雷事故って無かったのだろうか?


小さなネックレス、ファスナーにさえ落雷はある。

ましてやあんな金属の塊の刀なんてもっとも雷が落ちやすいだろう。

今に比べ建物も低く避雷針も無い・・・つまり人への落雷直撃率は現代に比べかなり高いわけだ。



当時雷は雷様として庶民に認知されて太鼓叩いてピカピカゴロゴロ上空でご機嫌でやっていると思われていた。

つまり誰も雷が電気だと知らなかったわけである。



落雷事故は無かったのだろうか?


宮本武蔵と佐々木小次郎の決闘した巌流島・・・・・

武蔵と小次郎が決闘を行った日時は、『二天記』(安永5年(1776年))によると慶長17年4月13日(グレゴリオ暦では1612年5月13日)に行なわれたといわれるが、それより半世紀前に書かれた立花峯均による『丹治峯均筆記』(享保12年(1727年))には武蔵19歳のときとあり、決闘時期には諸説あって実際は不明である。

日時は色々諸説あるが初夏から雨季のあたりは間違いなさそうだ。

当時の様子を描いた絵によると武蔵は刀でなくて木刀で長剣の小次郎と対戦している。

絵によっては巌流島に向かった船の櫓で戦っている図も存在する。
いずれにしろ小次郎の固定した長剣に対し武蔵は木刀か櫓で戦っている。


何故だ???

真剣に対して木製の武器じゃ不利極まりない。

サクッとスコンッと切られてしまうではないか・・・・・


それまでの他流試合でも武蔵は木刀で立ち会っている。

相手を撲殺していたりするが、それは相手も木刀での試合だからである。



今の剣道のような竹刀と防具が登場するのは江戸時代になり北辰一刀流の千葉周作道場が考案してからである。

太平の世になり北辰道場には武士以外にも庶民の町人が剣を習いに来たそうだ。


北辰(ほくしん)・・・・今は街のジムのボクシングに庶民が通う・・・・・








季節の不安定な雨季の巌流島・・・・・

当時巌流島は雷が鳴っていたんではなかろうか?

正に芝居映画の決闘シーンにふさわしい舞台演出である。



そして武蔵は落雷の原理を知っていたのでは?

山育ちの武蔵は落雷する様を何度も見て育ったに違いない。



c0083518_14162011.jpg



何も遮蔽物の無い平たい浜辺で雷がピカピカゴロゴロしている時、金属製の長い刀をかざす小次郎・・・・・・


その状況を見て武蔵は自分の刀を捨て木製の木刀か櫓に持ち替えて決闘に挑んだ。




小次郎は落雷で死んだのだ・・・・・・

サーファーの小さなネックレスの金属片にさえ落ちる雷・・・
浜辺で剥き身の長い刀に落ちないわけない。


鞘を捨てた小次郎に「小次郎敗れたり!」と言ったのではなくて落雷しそうな天候時にいかにも雷が堕ちそうな長い刀を無知に構える小次郎に言ったのだ。



誰も唱えなかった新説である。
[PR]



by glass-jaw-hopper | 2012-04-29 14:38 | その時歴史は動いたような気が | Trackback | Comments(0)

トムソーヤの探検

トム・ソーヤの冒険は幼い頃から好きな作品だ。
何たって子供、悪戯小僧視線で生き生きと書かれているのがいい。

この作品は世界中で人気があるのだが、本国アメリカを除いて中でもとりわけ日本で人気が高いそうである。
その発行部数と出版形式のバラエティーさが物語っている。
よほど日本国民は鬱積していてこの作品の清涼感に惹かれるようだ。
風来坊の寅さん、泥棒のルパン・・・そして悪戯小僧のトムソーヤ・・・日本の人気者は皆反社会的である。

子供らが幼い頃寝しなに読んで聞かせたはいいけど物語が長過ぎて途中で挫折した。
その後はアニメに任せる事となったわけだが・・・
保育園前の娘がトムがベッキーサッチャーと婚約するに当たって得意気に以前は違うクラスメートの子と婚約していたと言って怒らせた下りで「あ〜あ、そんな事言わなけりゃいいのに・・・」と呟いたのには驚いた。
上の長男次男、そして俺までも何を言っているのか何故ベッキーが怒るのかわからなかったのだ。
さすが女の子だと感心した。


そして物語は進み、話はトムハックvsインジャンジョーの様相を呈してくる。
中弛みする事無く驚異的なクオリティで進んできたこのアニメは更にインジャンジョーの出現で緊張感を加え最終まで目を離せない流れを作る。
俺はどうも名作劇場シリーズ屈指の悪役で恐怖の対象として描かれているインジャンジョーが何故か好きである。
白人とインディアンのハーフのジョーは町の人から疎まれて生きている。
近所からは時々豚を解体して食っているなんて悪口を言われ人間扱いされていない。
でも悪童トムに対し直接危害を加える事はしない・・・その存在感とオーラにトムらが勝手にビビっているだけだ。
結局人殺しをしてトムが目撃承認して町から追われる身となるわけだが・・・
俺の視線はお人好しのマフ・ポッター視線である。
恐怖の対象で周りから恐れられていた松田優作の周りでチョロチョロしている理解者佐藤蛾次郎的とでも言おうか・・・・・

そして物語は進み最後はインジャンジョーが隠した海賊の財宝をトムハックが見付けて二人は大金持ちとなるわけだ。
実に痛快な話である。
それまでトムを困った悪戯小僧と軽んじてきた田舎町「セントピーターズバーグ」の大人達は見事に逆転されるのだ。
宿無しハックも同じく大金持ち・・・でも彼はその財産のため窮屈な良い服を着させられ後見人の家で躾けをされる羽目になりがんじがらめの日々に根を上げトムに譲ろうとする。
必要な時だけ10セントくれればいいとか・・・
ハックにとって財産なんて興味無いモノなのだ。

自分の村、町の小僧二人がラッキーで桁外れの金持ちになったらその他の住人はどうだろうか?
きっと心穏やかではないだろう。
無人島にトムとハックと一緒にいかだ冒険したベンだって穏やかじゃないよきっと・・・・・

トムソーヤの冒険の続編ハックルベリーフィンの冒険ではあまり二人の財産について触れていない。主人公があまりに金持ちじゃ物語が出来ないのだろう。
その辺りはヘビー級世界チャンピオンになった超金持ちロッキーバルボアが5でいきなり詐欺に遭い財産を失った事として再出発したのに似ている。
ドル箱ロッキーを更にシリーズ化進行するに当たって、ソビエトのチャンピオンをも下し頂点に行き着いた感のあるロッキーを素に戻すにはこうするしかなかったのだろう。
金持ちロッキーじゃ庶民のファンが離れるとふんで畏れたに違いない。

それにしてもセントピーターズバーグの大人達は良心的である。
たかが10歳の少年からなんてなんぼでも騙し取れそうなものだ。
二人が心底憧れ傾倒してるミシシッピ河を上下している蒸気船数隻と交換なんてしたらすぐに乗ってきそうなものだ。
それでも誰も騙し取ろうとはしない。
やはりこの町の住人らは良心的なんだろう。
c0083518_13265832.jpg


後から見るこの時代は実に魅力的だ。
でも実際は疫病が流行り、戦争があり、貧困もあり、奴隷制度もまだあって犯罪者アウトローらは我が物顔で横行したひどい時代だったに違いない。
それでも何故か現代人には実に魅力的に映るのだ。
ディズニーランドでもトムソーヤ島は大きな面積を占めている。

何故かこのアニメは俺が辛い次期に放送される。
真っ新の一回目は高校時代の締め付けがきつい次期・・・毎度毎度その鬱積した次期に被せて俺を慰めるように放送するのだ。













ディズニーランドのランド内を流れる河・・・
そこを横断就航する蒸気外輪船に乗るとトムソーヤ島がある。

ややその他派手なアトラクションエリアと違い洞窟迷路とかハシゴとかフィールドアスレチック系のナチュラルで素朴なアトラクション主体の疎外されたような島である。

昼食後の午後になると園内各所からパパらが自然にこのトムソーヤ島に集まり出す。

そう、トムソーヤ島にはあちこちにベンチがあるのだ。

ここで皆居眠りをしているのである。

休日早朝から家族を車に乗せて家族サービスしているパパが、ちょっと仮眠をとりにやって来るのだ。

c0083518_146341.jpg


大抵はトイレ行く振りしてしばしの安楽を求めやって来る。
以前のように1回退場して駐車場の自分の車の中で寝るって事が出来ないシステムになってしまったのは痛い・・・・・

前の日は深夜残業だ・・・家族らは朝一から入場して遊びたがっているので自分も日の出前に起きて運転して来たのだ。

完全に寝不足状態で寝場所を求めるように集団で船に乗って島に上陸するパパら様はまるで奴隷船で運ばれて来た奴隷のようだ・・・・・

疲れて惚けた労働者満載で船は接岸される。


「マーク・トウェイン号」にあらず、その船の名はだれが呼んだのか・・・・・

c0083518_18214632.jpg


少年の夢のトムソーヤは皆寝不足のおっさんになって集まって来るのだった。

しばしの仮眠を取った後「迷っちゃってさぁ〜」とうすら笑いしながら家族と合流し帰りの運転の鋭気を養っているパパ・・・・・

頑張れパパさんら・・・・・


ディズニーランドのアトラクションの一つでスリーピングワールドなんてのを作ったらパパらに凄い人気だと思うよ。

2時間待ちぐらいのね・・・・・




c0083518_18461723.jpg


眠れる森のおっさん・・・・・
[PR]



by glass-jaw-hopper | 2012-04-27 00:53 | その時歴史は動いたような気が | Trackback | Comments(6)

アクションシーン

風呂に入っていると湯の温かさで体内が暖まり腸が膨張するのかやたら屁が出る・・・
ブボボボと大量の屁の気泡が俺の前に浮き出て弾ける・・・・
屁のバブルが弾ける・・・・

そんな屁を見ていてふと考えた。
今現在同じように屁をしている人は全国でどれぐらいいるのだろう?
多分かなりいるはずだ。
その屁を全て集めたらそれは立派なメタンガスの天然資源ではなかろうか?
そんな貴重な純正天然資源ガスを皆は無駄に廃棄しているのだ。
どこかのガスタンクに集めたらそりゃ大した物に違いない。
街の街灯をガス灯にしてそのガスを利用したらそりゃかなりの省エネになるだろう。
単身赴任中の社宅の無駄に広い風呂桶で俺は考えた。

まず「おなら」「屁」とは本当に燃えるのだろうか?

まずそれをちゃんと確かめなければ資源として成り立たない。

確かめてみなけりゃ・・・

百聞は一見にしかず・・・・・俺はこれを通して生きている。
人がそう言っても自分の目で確かめないと信じられないのだ。
だから未だに「天動説」である。

c0083518_1213026.jpg


俺はザザァ〜と風呂から出るとフリチンのままオイルライターを取りに行った。
何せ広い社宅の一人暮らし・・・誰に気兼ねするでもなくスッポンポンで家の中をまかり通れるのだ。
そしてまた風呂に入るとライターを手に待機した。
燃える事を予想して風呂場の照明は落としてある。

獲物を待つ猟師の如く俺は暗い中目をこらして半身湯船に浸かりながら待機した。

来る・・・・ヤツは来る・・・・・
c0083518_14401772.jpg

屁の衝動はすぐに来た・・・かなりの大物が予想出来る・・・・
そしてブボッ!ブボボボ!と出て目の前に浮いてくる屁の気泡にすでに着火して待機していたライターの炎を点けた。

ボワッ!と着火し燃える屁・・・
しかし予想もせずにその炎は風呂の水面に輪状に広がる屁を追って輪状に広がり俺に迫ってきたのだ。
「わっ!危ねえっ!」青白い炎が目の前に迫る。
俺は咄嗟に風呂に潜ってその爆破炎を水中でやり過ごしたのだ。

それはまるで映画「トゥルーライズ」でテロリストがシュワちゃんもろとも島のアジトを爆破した時、水中で海上炎上する炎を泳いでやり過ごしているシーンのようであった。

c0083518_1420651.jpg



身を挺して実験した結果、屁は燃え立派な天然ガスになりうるとわかったのだった。



ちなみにジェイミー・リー・カーチスのファンの俺はこの映画が大好きである。
c0083518_13435430.jpg

c0083518_1344413.jpg

[PR]



by glass-jaw-hopper | 2012-04-27 00:50 | | Trackback | Comments(0)

まったく腹立だしいっ!

毎週娘が好きなので一緒に見ている名探偵コナン・・・このガキがむかつくのだ。

何だ?高校生探偵って?



事件現場で偉そうにしゃしゃり出てきて大人にオマエは誰だ?と身元を聞かれる度・・・・・

c0083518_1936199.jpg


「江戸川コナン・・・探偵さ・・・・」ドヤ顔で答える度にイラッとしムカッと「だから何だコラ!」とひっぱたきたくなるのは俺だけだろうか?



現場の警官らも何故か現場に入り込んで立ち会っている民間人であるはずの私立探偵毛利小五郎やらこの小僧にいいように引っかき回されているのだ。

探偵と名乗られたらそれなりに現場の人間容疑者も納得して仕切られて指示通り動いている。

何だぁ〜?自称探偵の権限の凄さは???
警部クラスまで意見聞いているし・・・・・・

しっかりしろぃ〜!大人達!

この昔からある少年探偵団形式の図を逆手に取ったのが「探偵物語」であろう・・・
何かに付け排除される探偵工藤ちゃん・・・・・

服部刑事松本刑事ら警官らにはウロチョロ嗅ぎ回るんじゃねぇ!と小突きまわされ、取材中には何だお前!?と胸倉ネクタイ掴まれて・・・・・



コナンはやはり子供の夢見るロマンである。


何故か身体が子供になっちゃっている事を周りに告げずにいるコナン・・・何故だ???

全然関係ない子供のコナンを居候させている人の良い毛利小五郎に失礼ではないか・・・
それに恋人の蘭があまりにも可哀想だろ〜それじゃ・・・
無条件に待っている蘭の前にチョイチョイ都合の良い時だけ姿を見せたりケータイで連絡入れたり・・・・

蘭の立場は?

待つだけかいぃっ!

日本アニメ史上屈指の都合の良い女・・・蘭・・・・

それに何よりこのコナンが腹立つのはいつもは放映時間が夕方6時からなのにチョイチョイ5時30分から始まっている事だ。
娘が楽しみにテレビつけたら終わっているなんて事が結構あった。
6時からならば6時に完全に固定しろよっ!

まったく腹立だしいっ!
[PR]



by glass-jaw-hopper | 2012-04-26 00:48 | | Trackback | Comments(0)

新聞屋

新聞屋さんも大変だろう・・・
今はネットでニュースが配信され新聞取っている人って確実に減少しているに違いない。

俺の周りの人も新聞取っていない人が多い。
若い子なんか特にそうだろう・・・・

勧誘の仕方も取ってくれませんか〜って随分腰が低くなった。


しかし読売ジャイアンツってよく選手の年俸新聞代で賄っているよなぁ〜無論その他スポンサーもあろうけど・・・・・
それを言ったら中日新聞もだよなぁ〜
新聞社の力って計り知れないよ・・・・・ペンはバットより強しってね・・・


俺は一人暮らしで上京してから一度も新聞を取った事はない。
俺の学生寮に来る読売の勧誘員がヤクザみたいで反発したのもあるが、基本的新聞は読まないからだ。
読みたい時は売店コンビニで買えば良いと思っている。
実にシンプルで良いではないか・・・このスタイルを貫いている。


「コアラ」とは現地のアボリジニの言葉で「水を飲まない」と言う意味だそうだ。

多分入植してきた間抜けなイギリスの白人らが初めて見るコアラを指差してアボリジニに「あれは何だ?」と聞いたところアボリジニは「あれは水を飲まない。」と答えてコアラになったんだろう。

ちなみに「カンガルー」は「わからん」と言う意味らしい。
あれだけ散々あちこちにウジャウジャ飛び回っているカンガルーの事をそれまで聞かれるまで名前も付けずにいたアボリジニって人らも随分呑気な人達のようだ。
それともたまたま痛いアボリジニに聞いてしまっただけなのだろうか?

ちなみに俺は「アボリジニ」「モジリアニ」を間違えて細身のスッとした女性にいいつもりで「君はアボリジニ(モジリアニ)の絵みたいだね」と言って口を利いてもらえなくなった哀しい過去がある。
c0083518_1134051.jpg

c0083518_1135396.jpg


「コアラ」とは現地のアボリジニの言葉で「水を飲まない」と言う意味だそうだ。
「グラスジョーホッパー」とは現地語で「新聞をとらない男」と言う意味である。


実家を離れ一人暮らしを始めて幾十年・・・・・世帯主となって数十年・・・

俺の歴史は新聞屋との戦いの歴史と言っても華厳の滝・・・いや過言ではない。

上京したてのまだ初々しい学生時代は脅しながら勧誘してくるヤクザみたいな勧誘員と戦った。
当時はそんな勧誘員がゴロゴロいたのだ。
新聞ぐらい取れ!と脅された。
その読売の勧誘員はその一帯の一人暮らしの学生を脅して契約させていた。
俺の寮の部屋はキッチンまで誰でも入れる構造だったので何されるかわからなかったけど屈しなかった。

俺にとってはオマケに付いてくるサッカーや野球観戦チケットなんど何の魅力もないのだ。
そんな物ならばいっそ新宿OS劇場とかのストリップの券の方が良いぐらいだ・・・・・

そんなヤクザ勧誘員らの暗躍によって原辰徳、篠塚の高い年俸は出ているわけだ。

完全にジャイアンツ嫌いになった。

この世に野球チームがジャイアンツだけになっても応援しない。

c0083518_10291362.jpg


俺の留守中まだ初々しい新妻のかみさんを騙して契約取った販売店に帰ってからの深夜殴り込みを掛けて契約破棄させた事もある。


購読が好きなぁ俺さぁ〜♪気にしなくていいよぉ〜♪ではないのだ。


c0083518_1191082.jpg


いらんと言っているモノを何故売り付けるのだ!?
日本の新聞形態はいびつに歪んでいる。

購読しても読む暇なんか無い・・・
通勤電車なんかでガサガサ広げてせせこましく読んでいる人もいるけど、あれはもっとも嫌だ。

俺はやはり新聞は気に入った時だけ売店なんかでサッと買って優雅にオープンカフェなんかで読むのが好きなのだ。

俺は基本的に人間が上品なのだ。


c0083518_11212152.jpg


まぁ何て言うのかニューヨーカースタイルとでも言いましょか・・・

俺はこの先も絶対新聞を取らないし購読をしない。

困った事に最近は勧誘員もしつこくなく腰も低いのだが、勝手に新聞を入れていくのには困った。
お試し期間のつもりなんだろうけどこちらはいらないのだ。
1週間も入れられ続けると結構嵩張る量になる。
その新聞はほとんど猫のトイレ行きになるのだが、新聞本体より付属するチラシのせいで買い物量が増えて結局得したはずのお得な買い物のはずが逆に出費が増えて困った。
流通市場情報恐るべしである。


それでも新聞屋との長い抗争には勝利した俺だ。

長い戦いであった。
応仁の乱ぐらい長かった。

島田紳助はB&Bを倒そうとお笑いの世界に入ったのだが、倒さんでも勝手に倒れたと言っていた。
新聞屋も新手のインターネット配信の前に勝手に倒れた。

気の毒ではある・・・敵ながらあっぱれであった。


もし誰も新聞を取らなくなったのなら俺がその時は取ってやろうと思っている。
[PR]



by glass-jaw-hopper | 2012-04-25 23:52 | | Trackback | Comments(0)

ロックスター

没年齢の27歳、ブライアン・ジョーンズやジミ・ヘンドリックス、ロバート・ジョンソン、ジム・モリソン、ジャニス・ジョプリン、エイミー・ワインハウス・・

ロックスターにとって27歳って悪魔との契約の締め日なのだろうか?

大スターになっても彼らに幸福感は見当たらない・・・
一気に駆け上がった後、スターになればなるほど虚ろな目になり皆心の隙間を埋めるかの如くアルコールやドラッグにのめり込んでしまう。

そして若くして死ぬ・・・
人生を早回ししたような締め方だ。

じゃあ何故ストーンズは歌い続けるのだろうか?

金も女も名誉も全部手に入れた彼らは、何故未だに歌えるのか?
もう名声を浴びる事も女も金も別にどうでもいいだろう・・・・・十分手に入れた。
何だか悪魔との契約期間が長かったような気がするのだ。
[PR]



by glass-jaw-hopper | 2012-04-25 00:52 | | Trackback | Comments(0)

ガラスの顎のリスクでジャンプし続けるバッタ
by glass-jaw-hopper
プロフィールを見る
画像一覧

最新のコメント

龍馬が桂に書いた手紙に高..
by グラバー at 18:17
oninbe707さん、..
by glass-jaw-hopper at 12:03
大学の同期です。いっしょ..
by oninbe707 at 08:38
sararaMさん、一緒..
by glass-jaw-hopper at 12:03
ご卒業、おめでとうござい..
by sararaM at 16:17
安部許さない
by 高崎より at 13:01
安部許せない。
by 久留米より at 11:02
安部許さない。
by 唐津より at 13:36
安部許さない。
by 三ヶ日より at 11:42
安部許せじ
by 辻堂より at 09:03
北朝鮮に行け。
by 原宿より at 23:49
安部許さない。
by 本八幡より at 17:30
安部許さない。
by 尾道より at 15:53
安部許さない
by 留萌より at 14:40
支持してませんので単に政..
by glass-jaw-hopper at 12:08
基本いろんな考えがありま..
by 行きがかり at 11:27
通りすがりのものです〜 ..
by 通りすがり at 00:19
ONIZUMAさん、そう..
by glass-jaw-hopper at 08:42
ONIZUMAさん、そち..
by glass-jaw-hopper at 08:39
こんばんは。 おめ..
by onizuma at 22:19

メモ帳

最新のトラックバック

【サライブステージ IN..
from 「料理と趣味の部屋」
Mazda Capell..
from 音楽とコーヒーと自転車の日々
福山雅治に栄冠
from 生活のキーワード
仮面ライダー1号から仮面..
from 仮面ライダーのすべて
桃井かおり
from とんぼ

ライフログ

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧