その男Glass-Jaw-Hopperグラス・ジョー・ホッパー

両雄成り立たず/高杉晋作と坂本龍馬

龍馬が愛用したといわれるスミス・アンド・ウェッソンのピストル。

スミス&ウエッソン2型 32口径  元込め6連発の銃。

c0083518_1552255.jpg


このピストルは、もとは高杉晋作のもので、上海で購入したものを、龍馬に贈ったとされている。
このピストルは寺田屋事件で紛失。
多分捕り方幕士らが押収しそのままになってその後の混乱でどこかに消えたのだろう。

食事の時もぽろぽろご飯をこぼすと言われた不器用な龍馬は寺田屋で襲撃されていた時に弾の補充が上手く出来ず弾はこぼすはリボルバーのレンコン状の弾倉は外れて転がすは散々だったらしい。
挙げ句の果てに捕り方の刀を銃身で受けたりして現存していたとしてもかなりのダメージだったろう。

紛失後はスミス&ウエッソンの22口径を携帯していたそうだ。

襲撃されて更に大きい火力増大した大型拳銃を求めず殺傷力は無いが扱いやすい小型拳銃にしたのが龍馬らしい。

c0083518_1630159.jpg

c0083518_8583875.jpg

高杉晋作と坂本龍馬・・・幕末の二大スーパーヒーローの二人だ。

そのヒーローからヒーローに贈られたピストルの話は実に心躍り惹かれるエピソードである。

しかし・・・・

映画ドラマでは二人はお互いを讃え合い友情を暖めるシーンがあるけど高杉晋作が坂本龍馬に会った記録は無い。

後から見れば幕末時代はその著名な志士らが皆集まって力を合わせ結束して幕府を転覆させたように見えるけど実は各々それぞれ立場や事情が違い必ずしも結束していたわけでは無い。


「北斗七星」は勝手に地球から見た人間がくくっただけで北斗七星を構成している星同士は遠く離れお互いの存在なんて知らないのだ。


晋作と龍馬・・・・・



一番のこの幕末英雄ヒーローらのニアミスは高杉が長州で奇兵隊を立ち上げ藩内の俗論佐幕派を打ち破り革命を成功させた後、佐幕派残党と攘夷を捨てた晋作を裏切り者と見る過激攘夷派分子らからの暗殺を恐れ脱藩し長崎に逗留していた時期である。

その他にもニアミスは下関の豪商白石正一郎邸で食客としてご厄介になっていた時期と幕軍を迎え撃つためにグラバーに接近して200トンの蒸気船軍艦オテントウサマ丸の買い付けで奔走していた時代・・・・・・
いずれも龍馬と直接会った記録は無い。




革命後加熱して鼻息荒い連中から逃れ、ほとぼりが冷めるまで海外に身を置き洋行を目論んだ晋作が人を介して頼ったのが亀山社中、後の海援隊であった。
井上馨(聞多)は逃げ遅れて命はとりとめたがかつての同志らになます斬りに遭ってしまったのだ。
長崎に逃避行中の晋作は必ずしも亀山社中を信用していたわけでは無くて胡散臭い連中だと思っていたっぽい・・・・・
結局洋行計画は頓挫し座礁したのだが・・・長崎滞在中晋作はまったく宿から出ようとしないで亀山社中との連絡その他用事は足軽出身の下僕として連れていた同じく松下村塾生だった伊藤俊輔、後の伊藤博文に任せっぱなしで酒ばかり飲んでいたのだ。
c0083518_8563317.jpg

亀山社中のボス坂本龍馬と会いますかとの伊藤の再三の橋渡しも無下に面倒臭がって会っていない。
会わなくてもいいだろう〜と会う事を勧める伊藤に言って会おうともしなかった。

晋作は伊藤俊輔をパシりに使い、龍馬側海援隊は饅頭屋長次郎が窓口対応し二人の英雄は直接顔を合わせていない。

晋作宿から動かず・・・・・・
藩から洋行するから出せと分捕るように持ち出した500両で酒飲んで長崎の芸者上げて惚けていた。
のらりくらりと龍馬に会わせたがる伊藤の提案をかわす・・・・・

そう晋作は他藩の人間が嫌いであったのだ。

一度目の外国領事館焼き討ち計画は同じく尊皇攘夷の士として信用していた土佐のかつての龍馬の同志武知半平太から山内容堂に漏れ回り回って自分の藩主毛利敬親にバレて失敗している。
その時他藩の連中は信用ならんと晋作は思ったはずである。

土佐の郷士と違って晋作は長州藩のれっきとした高級官僚の名家の倅で上士なのだ。

足軽上がりの伊藤博文を軽く見ていたきらいもあるし同じく足軽出身の奇兵隊隊長の山県有朋も下に見ていた。
彼は侍上意でバッチリ身分制度の人間であった。
幕軍が長州に攻め入ってきたら藩主の毛利親子を背負って朝鮮まで逃げるなんて事も言っていた愛国主義者である。

「三千世界の鴉を殺し、主と添寝がしてみたい」

龍馬が自藩を見捨て日本全体を意識したのに対し晋作は長州至上主義なのである。
ちなみにもう一人の幕末巨魁の雄、西郷吉之助(隆盛)も薩摩至上主義であった。
藩主を見限り藩を捨て脱藩して奔走している志士とは違うし彼らを軽視している部分もある。
後に土佐浪士田中光顕に懇願されて弟子にするがあくまでも師弟関係で同格でなかった。

農民ら平民の侍以外で構成された奇兵隊を発足させたのも身分制度へのアンチテーゼでは無くてその現実主義と合理主義からに過ぎない。
奇兵隊は発足してすぐに頭角を現した山県有朋に実権が渡り実際奇兵隊隊士と晋作の仲はぎくしゃくとしていた。
関係が修復されたのはかなり後日で病気のため小倉城攻略最前線を離れた晋作晩年の時である。
結核で病床に就いた晋作に奇兵隊から当時は肺病に効くと言われた生き血をとるための鯉が届けられた。
隊士の中には晋作のために回復祈願した者も多かった。

でもやはり晋作は上士であった。

まだバリバリの時の晋作はどこの馬の骨ともわからないいかがわしい浪人結社亀山社中の郷士上がりの親玉坂本龍馬なんて歯牙にも掛けなかったのだろう。


だから晋作は龍馬にピストルなんて贈っていないのだ。

もし本当に上海で手に入れたピストルが龍馬の手に渡ったのだとしたら多分同行し両雄の間をちょこまか使いっ走りにされていた伊藤博文からだったに違いない。
維新後初代総理大臣にまで登りつめた伊藤は晋作に心酔していたから美化して回想を語りがちであえてピストルについては自分が渡したとは言わなかったのではなかろうか?
もしくは単に龍馬のパトロンであったグラバーから護身用として手渡されていたに過ぎないのではなかろうか・・・・・
グラバーにとって投資先の亀山社中海援隊の親分龍馬が凶刃に倒れてもらっては困るのである。
だから単純に手渡したに過ぎない。
なにも、まどろっこしく上海経由で晋作から渡さなくとも出入りしていた武器商人のグラバー宅には拳銃なんてゴロゴロあったのだ。

でもやはり絵になる両雄並び立つシーンが欲しく映画ドラマでは男前の二人がお互いを讃え合って友情に花を咲かすシーンが書き添えられている。
c0083518_14283332.jpg

刀の好みも大柄にも関わらず華奢で短い陸奥吉行を帯刀し好んだ龍馬に対し小柄なコンプレックスから絶対立った状態の写真を撮らせなかった晋作は大振りの長刀を好んだ。
拳銃に関しても携帯した拳銃32口径紛失後22口径に小型化したのも龍馬らしいエピソードでもある。
もし晋作ならば32口径の後は更にでかくて威力のある拳銃にしただろう。
もしその時代にマグナムでもあったのなら迷わず晋作は選んでいたに違いない。
長刀から短刀に・・・武家社会身分制度を崩壊させようとした龍馬は無意識に自ら剣豪にあるにも関わらず刀を否定していたのか・・・・
晋作は四国で愛人の芸者「おうの」と潜伏中例によって宴会遊びの真っ最中幕士に取り囲まれた時は手持ちの小判をばらまいて場を混乱させ逃げたそうである。
寺田屋で襲撃され拳銃発砲で逃げた龍馬とはえらい違いである。

同じ倒幕派の志士でありながらまったくタイプも考え方の違う二人・・・・・

千葉さな女、楢崎龍・・・・・小柄で華奢な女性を好んだ龍馬・・・・・
晋作の逃亡中の相棒は愛人の芸者「おうの」・・・・・大柄でグラマラスな女を好んだ晋作・・・・・
c0083518_845276.jpg


c0083518_9141999.jpg

女の好みも違う・・・・・

実際にはこの二人は馬が合わなかったのではなかろうか?
片や郷士出身の浪人志士龍馬と藩のサラブレット上士晋作・・・・・もし同じ藩にいたのならいがみ合う間柄である。

その上、東行なんて名乗り出家し髷を切ってザンバラ頭にしている晋作なんて訳がわからなかったろう・・・

お互いの共通点と言えば裕福な坊ちゃんで酒好き派手好き、三味線上手いい喉して唄う事である。
宴会食いはお互いを牽制しがちなのだ。

そしてお互い倒幕の志士である。
しかも単純で神憑り的な尊皇攘夷思想ではなくて現実派であり実務派である。
尊皇攘夷を唱えたのはあくまでも倒幕のためである。
晋作には吉田松陰、龍馬には武知半平太と言う尊皇攘夷の師匠はいたけど思想的には傾倒しなかった。
しかし同じ倒幕の志士でも二人の立場は全然違うのだ。
片や市民階級の志士で片や貴族階級の志士・・・・・自藩への関わり方はまったく違う。
藩に好かれた晋作、藩から疎まれた龍馬・・・・・
ビジョンも違う。

近眼でボォ〜ッとした視界を持たなかったがために逆に視野を広げた龍馬、視線鋭く物事の輪郭をすばやく射止め捉えて事を興した晋作・・・・・
物事を優しく捉えた龍馬に対し激しくカッカしながら対処した晋作・・・・・
晋作に心酔した海援隊隊士から晋作は決してどんな窮地でも「困った」と言わなかったと聞いて「俺はしょっちゅう困ったと言うぜ。」とコンプレックスを示した龍馬・・・・・

龍馬はかなり晋作を意識していたように思える。

意外に思われるが高杉晋作、坂本龍馬両人にはカリスマ性は無い。

どちらも周りの人間から浮いていた存在である。
周りを巻き込んで七転八倒していた感が強い。
あまりに合理的な彼らのやり方はまだ観念的な境地から脱していない周りを置いてきぼりにし一人で先に先に進んでしまっていた。

カリスマ性と言うならば薩摩の西郷隆盛を置いて他にはいない。

晋作と龍馬はその仕事で人に認められた感が強いが西郷はその人柄で人に認められていた。

それでも・・・・・

稀代の革命児高杉晋作・・・


もし幕末の動乱期に生まれなかったらただの酒飲みの問題児だったと言う(司馬遼太郎「竜馬がゆく」より)。


そう、親戚にいる鼻摘み者の困った叔父さんって感じだろう。

徳川家の行列に向かって「よっ!征夷大将軍っ!」なんて歌舞伎役者みたいな呼び掛けするなんてのもお調子者っぽい。

何か仲間に受けようとして調子づくチャラ男若者みたいだ。

高杉にとって初期の頃掲げていた「尊皇攘夷」の旗印は実に都合の良い物だったに違いない。
そのイデオロギーを免罪符にしてどんどん前に出られるのだ。

「おもしろきこともなき世をおもしろく」

そして龍馬と違い晋作は上士であり殿様にさえ謁見出来る立場・・・・・
しかもその殿は多分外様大名の中で一番寛大な「そうせい候」の毛利敬親・・・・・

やりたい放題である。



他藩の志士なんか構わず頼らなくとも長州藩士によって革命はなると踏んでいた。

松下村塾の師吉田松陰こと吉田寅次郎が火だねとなり弟子晋作が焚き付け一気に燃え上がった長州藩の攘夷熱は文久3年(1863年)と同4年(1864年)イギリス・フランス・オランダ・アメリカの列強四国と武力衝突事件を起こし戦争にまで発展した。

とんでもなく凄い話である。

山口県対イギリス・フランス・オランダ・アメリカである。
あり得ない話だ。

しかしその戦争には晋作は参加していない・・・既にイデオロギー的な攘夷は捨てて既に次の行動に移っている。

藩からの要請を受けて講和させて敵艦に乗り込み一歩も引かない講和条件を列強四国と結ぶとヒステリックな攘夷派から逃れるためにさっさと官位を捨てて脱藩し今度は自分の艦隊を率い馬関に現れる。

正に神出鬼没な革命家である。


「動けば雷電の如く発すれば風雨の如し、衆目駭然、敢て正視する者なし。これ我が東行高杉君に非ずや…」


しかし和服でこのピストルを持つのって納まりが悪そうだ・・・・・一体どうやって収納携帯していたのだろうか?
勿論ホルスターなんて使っていないし、袴の紐にでも差し込んでいたのだろうか?
懐に入れて置くには当時の拳銃は新素材であるニッケルやアルミが使われていない重い鉄の塊で重くて重心が偏ったバランスが取り難い形のリボルバー拳銃は厄介であったろう・・・・・・

きっと龍馬はその忙しい奔走の時を考えて携帯し易い22口径の小型拳銃をチョイスしたのかも知れない。
携帯電話が持ち歩きに便利なように薄く軽く進化していったようにだ。
殺傷力より幕士捕り方包囲網を突破するとか窮地を脱する時のこけおどしに耐えうれば良いと先の寺田屋襲撃の際に学んだのでは無かろうか?

22口径の拳銃・・・欧米では婦人の護身用拳銃サイズである。
もしくは殺傷を嫌い競技用とされている拳銃を装備していたジーパン刑事のS&Wミリタリー&ポリス22レベルである。

それにしても随分旧式なスミス&ウエッソンだ。
トリガーもガードが無くて剥き出し、安全装置もあったかどうか?撃鉄ハンマーも引っかかりそうで懐に無造作に入れておいて暴発とかしなかったのだろうか?当時はもうアメリカ本土ではコルトピースメーカーみたいな西部劇お馴染みの最新銃が発売され市場に出ていたのではあるまいか?
c0083518_11261577.jpg

上海で晋作らが手に入れた時は新型に押されダブついてしまって在庫が余った既に旧式銃を買わされた公算が強いよ。
ちなみに原田芳雄の映画「龍馬暗殺」ではまだ龍馬ブーム前でスミス&ウエッソン2型32口径が用意出来なかったのか西部劇みたいなコルトを持たせていた。
c0083518_11304661.jpg


龍馬と拳銃のエピソード・・・・・

慶応2(1866)年3月寺田屋で幕士の襲撃で傷を負った龍馬はしばらく鹿児島城下でひっそりと暮らしていたが、西郷隆盛の薦めで傷の療養も兼ねて霧島にある塩浸温泉と言う場所へ新妻お龍さんと旅に出た。

よく言われる日本最初の「新婚旅行」である。

ここで療養中の龍馬は故郷土佐の乙女姉さんに手紙を送っているのだがその中に「ピストルで鳥を撃ったりして遊んでいる。」なんて項目がある。

ずっと「竜馬がゆく」を読み進んだ読者はここで違和感を感じたはずだ。

多分あまり考えないように無難に読み進んではあろうけど・・・・・


つまり何が言いたいかと言うと龍馬(竜馬)はヒューマニストとして描かれてきた。

空気を読まないお龍さんが寺田屋女将お登勢さんの大事に育ている菊を龍馬の箱枕にしちゃった時は生き物である菊を一人の人間の枕にする惨さを感じて憤り不機嫌になったとある。

正にそこが龍馬の魅力であった。



龍馬は遊びで鳥を撃って命を奪うような人間だったのか・・・
この手紙は今でも残っている手紙なのでこの人間像はフィクションではない。

土佐藩の役で長州藩の陣地実地見聞に出掛けた時も出先で初めて出会った桂小五郎と意気投合し田舎家でシャモ鍋を食べたり近江屋でも凶刃に倒れる前も鶏鍋を食べようとしていた。

龍馬の好物は鶏のようだ。

食として鳥を食うのはわかるけど、その鹿児島塩浸温泉での狩猟はどうも龍馬らしくない・・・

恐らくS&Wモデル1、22口径の短銃で現地の鳥を撃つって事は大型の鳥では無くて小鳥の類であろう・・・・

食べるための狩猟目的ではなくて手持ちのピストルの腕試し的にターゲットを動く標的の小鳥にした可能性が高い・・・・・


随分残酷なゲーム遊びである・・・
どうもここだけヒューマニスト龍馬像からずれる一面ではなかろうか?




龍馬もそうだが晋作のキャスティングは俊敏で鋭そうな男前の俳優が当てられる。

c0083518_16292879.jpg




だが実際の晋作は小柄で吊り上がった細い目とエラの張った四角い顔立ちで渥美清っぽいのだ。
まぁ歴史のロマンを無下に崩す事はないんだけどね・・・・・・

c0083518_16332492.jpg


やはり幕末で男前は土方歳三である。

c0083518_21334694.jpg


まぁその話はいいか・・・・・

とにかくどう考えても龍馬のピストルは高杉晋作が贈ったものでは無いと思う俺だ。

幾時代を経て龍馬所有の拳銃はいつの間にか高杉晋作から贈られた拳銃と壮大な歴史ロマンの味付けが付いたのだ。
c0083518_14301741.jpg

龍馬に唆されて本来敵側の奸物勝海舟のボディガード用心棒にされた岡田以蔵が勝から渡されたフランス製の拳銃の方が真価があるようだ。

単純な剣客モドキ刺客の以蔵にとって舶来のピストルはいきなり与えられたパソコンのようにまったく使いこなせない未知の難物だったようでまったく手付かずのまま遺されている。
実際発砲した記録も無い。
土佐勤王党が表舞台から引きずり下ろされ弾圧され京の町を逃げ回っていた時も使用せずに捕縛されている。
使いこなし寺田屋で難を逃れた龍馬とは大違いだ。

使いこなせなかった以蔵のピストル・・・・・

何かこちらのエピソードは真実っぽいけど以蔵の哀れさだけが目立つ話だ。



高杉晋作、坂本龍馬、岡田以蔵・・・・・・
幕末の志士らは明治大正昭和そして平成でかなり現実から捻じ曲がって伝わっているようだ。
[PR]



by glass-jaw-hopper | 2011-11-01 23:53 | その時歴史は動いたような気が | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://glassjaw.exblog.jp/tb/17026313
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by exciten at 2015-03-12 01:21 x
銃の考察に間違いがありますね。このS&Wの薬莢、火薬、弾頭の一体型カートリッジはパテントをとり最先端の小型銃で大型のコルトは面倒な装填方法を強いられていた筈です。下の写真のウェスタンでおなじみのコルトSAAは1873年モデルで時代が違います。
Commented by Smith & Wesson, at 2015-04-20 09:11 x
Sign In or Register. News & Offers. Sign up to receive news updates and special offers. E-mail Address. submit. Find A Dealer. Find a dealer near you. Find a Dealer. Search. Smith & Wesson · Handguns.
Commented by glass-jaw-hopper at 2015-05-20 08:49
excitenさん、そうなんですか〜原田芳雄の「竜馬暗殺」ではそんな銃が使われてましたよ。
Commented by グラバー at 2017-05-29 18:17 x
龍馬が桂に書いた手紙に高杉からもらった拳銃で幕吏と応戦したと書いてるのに。龍馬が兄に書いた手紙には高杉とともに下関海戦を戦ったことが。

ガラスの顎のリスクでジャンプし続けるバッタ
by glass-jaw-hopper
プロフィールを見る
画像一覧

最新のコメント

龍馬が桂に書いた手紙に高..
by グラバー at 18:17
oninbe707さん、..
by glass-jaw-hopper at 12:03
大学の同期です。いっしょ..
by oninbe707 at 08:38
sararaMさん、一緒..
by glass-jaw-hopper at 12:03
ご卒業、おめでとうござい..
by sararaM at 16:17
安部許さない
by 高崎より at 13:01
安部許せない。
by 久留米より at 11:02
安部許さない。
by 唐津より at 13:36
安部許さない。
by 三ヶ日より at 11:42
安部許せじ
by 辻堂より at 09:03
北朝鮮に行け。
by 原宿より at 23:49
安部許さない。
by 本八幡より at 17:30
安部許さない。
by 尾道より at 15:53
安部許さない
by 留萌より at 14:40
支持してませんので単に政..
by glass-jaw-hopper at 12:08
基本いろんな考えがありま..
by 行きがかり at 11:27
通りすがりのものです〜 ..
by 通りすがり at 00:19
ONIZUMAさん、そう..
by glass-jaw-hopper at 08:42
ONIZUMAさん、そち..
by glass-jaw-hopper at 08:39
こんばんは。 おめ..
by onizuma at 22:19

メモ帳

最新のトラックバック

【サライブステージ IN..
from 「料理と趣味の部屋」
Mazda Capell..
from 音楽とコーヒーと自転車の日々
福山雅治に栄冠
from 生活のキーワード
仮面ライダー1号から仮面..
from 仮面ライダーのすべて
桃井かおり
from とんぼ

ライフログ

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧